探せば見つかるアクセスの良い横浜の墓地

アクセスの良い横浜の墓地。意外と探せばあるのです。駅から徒歩1分から車で20分圏内、駅から歩いて15分の所でも墓地の近くまでバスに乗ってなど交通手段が公共の乗り物だけという方でもアクセスの良い墓地が見つかります。横浜駅西口から車で5分の所には横浜の街並みを見下ろすことの出来る高台に位置した霊園もあります。園内には緑があふれていて芝生型や樹木型の墓地など緑を基調とした墓地は、園内がすみずみまで緑にあふれていて、まるで大自然の中にいるかの様な墓地があります。横浜市緑区には360度みどりの大パノラマが広がるような霊園もあります。横浜の墓地は、アクセスが良くバリアフリーやエレベーター、子供が退屈しないように遊具がある。など設備が整っている霊園も探せば見つかるのです。

横浜にあるさまざまな形の墓地を紹介

横浜の墓地にも色々種類があります。墓石型の墓地で古くからある一般的な形の墓地。芝生型の墓地で芝生が広がるスペースにプレートを設置した形で高さがないので開放感があり明るい空間が特徴の墓地。地下のカロートに骨壺を埋蔵するのが一般的な形です。壁面式の墓地でその名の通り壁にプレートがあり骨壺は地下のカロートに埋蔵するタイプで、なかには省スペースの為プレート状の墓石を背中合わせに設置した形もある。高さも統一されているので、省スペースだけど広く感じることができます。壁面式の墓地は石材を使用するタイプと使用しないタイプがあります。樹木、樹林型の墓地では焼骨は骨壺に入れて土に埋蔵する方法もしくは土に遺骨を直接埋蔵する新しい形の墓地です。それぞれにメリット、デメリットがあるのでしっかりと見学に行くことをオススメします。

横浜で墓地を探す前に知っておこう

横浜で墓地を探す前に知っておきたい事があります。近年、墓地の形や購入する際にかかるコストなど、古くからある一般的な墓は石材のコストや永代供養の費用がかかりますが複数の世代で使いやすいというメリットがあります。芝生型墓地では、一般的な墓石型より使う石材が少ないため少しコストは安くなります。壁面式墓地では、墓地の面積をとらず石材も使わないためあまりコストがかかりません。納骨堂では、墓石代はかかりませんが永代供養代がかかってきます。掃除の手間がいらない。天候に関係なくお参りできる。というメリットもありますが場所に寄っては利便性が良ければ価格は高額になってきます。樹木葬では、墓石代もかからず、基本的には合葬になるので跡継ぎがいないという場合に考える方が多いです。子や孫に負担をかけたくないという方も樹木葬を選ばれています。